家を高く売る方法 具体的にどうすれば?3つのコツをガイドします!


家を高く売る具体的な方法・コツを3つに絞って紹介したいと思います。

中古住宅やマンションを売却するに当たり、最も気になるのは「価格」であることは間違いないですね。

それでも、依頼する仲介業者によって価格に100万単位の差が出ることや、購入検討者によって数十万~100万の減額交渉を持ちかけられることもあります。

所有者(居住者)さんにとっては思い入れのある大切な住宅ですが、営業マンや検討者とはその見方・考え方に差があるという点をまずは理解してください。

その上で、どうしたら減額されずに高く売れるか、“たった一人の良き買主”をイメージしながら、できることから実践していきましょう。

Sponsored Link

家を高く売る具体的な方法①複数業者に査定依頼する

家を高く売るためには、複数業者に物件査定を依頼することから始めましょう。

その際は「仲介業者」に依頼し、「買取業者」への依頼は避けます。

買取業者の査定額は、仲介業者のものよりも安くなるからです。

関連記事:空き家買取業者に売却すると損?!仲介との違い&メリット,デメリットは?

 

あなたが住んでいる地域の業者を巡って査定依頼するのもいいですし、時間や手間を省きたければインターネットの一括無料サイトを利用するのもいいですね。

関連記事:一括査定サイト「イエウール」 空き家査定の手順は?机上査定と訪問査定が選べます!

まずは3社くらいから意見を聞き、条件の良い業者を探します。

各社の査定額に差が出てくることはよくありますので、その金額をはじき出した根拠を必ず確認しましょう。

過去の取引事例などの説得力ある材料が提示されるか―という点です。

実績がある業者ほど、この根拠がしっかりしています。

逆に、具体的な証拠もなく営業マンがあやふやな返答をした場合は、感覚的に数字を出している可能性も…。

いくら高い査定額であっても、相場の範囲外の設定になってしまってはそもそも売れません。

信頼できる業者選びが、納得の行く売却につながりますので慎重に比較しましょう。

Sponsored Link

家を高く売る具体的な方法②物件を整理・整頓する

あなた自身が物件探しをしていることをイメージすれば、すぐおわかりでしょう。

物件の見学に行ったものの、荷物があふれ…ゴミも放置…室内は薄暗く…何だかカビ臭い…という状況だったら、その物件に申込む確率は非常に低いでしょう。

査定する営業マンや、内見に来たお客さんに良い“第一印象”を与えることは重要なのです。

私も日ごろ中古住宅の査定をしていますが、同じ築年数でも、室内が整理整頓されていて小奇麗な住宅と、家財・荷物が煩雑で不潔なイメージがある住宅とでは、それだけで金額に差を付けてしまいます。

「建物の劣化具体もぜんぜん違うだろうな」という印象を持ってしまうからです。

 

高い費用をかけてまでクリーニングする必要はありませんが、以下の点に気を配ってください。

(居住中の一戸建・マンションだけでなく、空き家の場合でも)

▼リビングに物が多いと狭く感じるので入念に整理整頓

▼玄関の靴や傘は収納へ。土埃は掃き出しておく

▼収納スペースを気にする見学者も多いため、クローゼット・押し入れも整理

▼バルコニーに荷物は置かず、床面は水拭きしておく

▼窓ガラスと網戸の汚れを拭いておき、室外がよく見えるようにする

水回りは特にキレイに。キッチンシンク・コンロ・バスルーム・洗面台・トイレに付着している水アカ・カビ・黒ずみなどを可能な範囲で取り除いておく

▼清潔感のある室内に見せるため、電球は明るめのものに。暗い部屋よりも広く感じる効果あり(空き家でも通電しておくと尚良し)

つまりは日頃のメンテナンスも重要ということでもあります。

 

また、目に見えないところで、室内のニオイ(タバコ・ペット・カビ・ゴミなど)を気にする人もいます。

花を飾ったり、芳香剤を置いたりするのも良い印象を与えますね。

100円ショップのDIYコーナーなどにあるインテリア雑貨を配置するのも工夫の一つです。

Sponsored Link

家を高く売る具体的な方法③わかりやすいメリットをアピールする

長年使っている住宅ですと、所有者さんにとっては良い面(メリット)だけをプッシュしたくなりますが、マイナス面(デメリット)も必ず説明するようにしましょう。

印象が良くなるからです。

その際は、デメリットを先に言ってから、それを打ち消すようにメリットを伝えるといいですね。

特に、業者が連れてきた内見者と直接会って住宅を案内する場面では効果的です。

先にメリットを言ってからデメリットを伝えると、マイナス面の印象だけが残ってしまうものです。

マイナス面を理由とした減額交渉を後から持ちかけられないようにする、ちょっとしたテクニックです。

 

ちなみに、内見者(または購入希望者)は不動産に関する専門知識が少ないですから、“素人目”でも理解できる部分をアピールすることを心がけてください。

例えば、以下のような項目をプッシュしても、買主目線からすると価格アップの条件になりにくいです。

▼断熱性・気密性・遮音性・防音性に優れている

▼耐震機能がある

▼2重サッシ・ペアガラス

…など。

これらは本来なら価格アップの要素になる項目ですが、居住したことのない人にとってはピンと来ず、理解しづらい内容なのです。

 

一方で、誰でも一目で理解できる項目は一押しポイントになります。

▼駅近

▼敷地・建物が広い

▼築年数が古くない

▼外壁を塗装している

▼室内をリフォームした

▼買い物環境、通勤・通学の利便性

内見者は、あなたの住宅や生活の様子を見ながら、快適な生活を手に入れた自分をイメージできるか確認しているのです。

Sponsored Link

家を高く売る方法 具体的な3つのコツ…まとめ

家を高く売る具体的な3つのコツをテーマにお届けしましたが、いかがでしょうか?

①でも触れた通り、査定額や売出し価格が高ければ高いほどいい―というわけではありませんので注意が必要です。

価格とは買主に売れる金額でないと意味がないからです。

不動産会社の中には、媒介契約を取りたいがために相場より高めの査定額を出し、売り出したら徐々に減額交渉を持ちかけてきて結局は適正価格になったという事例もあります。

まずは業者が提示してくる査定額・売り出し金額の根拠や証拠(過去の取引実績)をしっかりチェックするようにしましょう。

売却して良かったと思える取引になればいいですね。

 


2018年01月07日 | Posted in 上手な売却のヒント | タグ: Comments Closed 

関連記事