売主の諸費用の支払い時期&必要書類を一覧にまとめました!


不動産の売却活動をスタートする前に、売主が用意する必要書類はどんなものがあり、どのタイミングでどんな費用がかかるのか、あらかじめ知っておくとスムーズです。

「物件査定〜売買契約の締結前まで」

「売買契約の締結時」

「物件の引き渡し・決済時」

「決済後」

の段階ごとにまとめてみました。

Sponsored Link

物件査定〜売買契約の前まで

[必要書類]

・登記済権利証、登記識別情報、身分証明書(間違いなく所有者であることを営業マンに示すため)

・物件を新築(購入)した当時の契約書や関連資料

・評価証明書や固定資産税の納税通知書

 

[諸費用]

・インスペクション(住宅診断)の費用

・境界確定測量の費用

売買契約の締結時

[必要書類]

・実印や認印

・身分証明書

・印鑑登録証明書

・手付金の領収書

 

[諸費用]

・印紙代(売買契約書に貼る)

・仲介手数料の半分

Sponsored Link

物件の引渡し・決済時

[必要書類]

・実印や認印

・身分証明書

・印鑑登録証明書

・住民票(住所の変更登記が必要な場合)

・登記済権利証、登記識別情報(所有権を移転するため)

・評価証明書

・銀行の通帳、認印、カード

・売買残代金の領収書

・物件の鍵、設備の取り扱い説明書など

 

[諸費用]

・登記費用(抵当権抹消、住所変更、司法書士報酬)

・銀行の事務手数料(住宅ローンを一括返済する場合)

・仲介手数料の残り半分

・土地改良区決済金(農地を転用する場合)

・建物の解体費用、家財の撤去費用

・補修費、リフォーム代

決済後

[諸費用]

・売却益が出た場合の所得税

Sponsored Link

まとめ

売買契約に際して売主が用意する書類や、諸費用を支払うタイミングなどをまとめました。

上記に挙げた項目すべてが必要というわけではなく、任意で行うものもあります。

取引内容によって変わってきますので、詳細や金額などは不動産会社に確認するようにしてください。

 


2019年01月08日 | Posted in 売主の責任・負担について | タグ: , Comments Closed 

関連記事