イエウール上手な活用法は?査定額のほか業者のココもチェックしよう!


無料で土地・建物の売却査定をしてもらえるサイト【イエウール】の上手な活用法について取り上げます。

イエウールは最大6社の不動産業者からネットで見積もりを取ることができる、便利なマッチングサイトです。

しかし、その使い方を間違えたり、業者との相性が悪かったりすると、希望通りの売却結果が得られない確率が高まります。

特に「不動産売却が初めてで右も左もわからない」という所有者さんは、業者とのやり取りから契約手続きまで、全てにおいて不安だらけでしょう。

 

イエウールを利用するうえで大切なことは、高い査定額を出してくれる業者を探すことではないという点です。

結論から言いますと、高い金額で・できるだけ早く・安心安全な売買を進めてくれそうな、信頼できる業者を探すことが目的となります。

まずはこの点を理解しましょう。

以下、売却が初めてで不安という所有者さん向けに、イエウールの上手な活用法についてチェックすべきポイントを紹介します。

Sponsored Link

イエウールは“業者を査定するサイト”と位置づける

基本的なことですが…イエウールとは、全国の登録不動産業者と、売却検討者マッチングさせるためのサイトです。

イエウール自体が査定額を自動算出するわけではありません。

ですので、査定依頼に応じてくれる“業者の質”を見極めることがポイントの一つになります。

表現を換えれば、イエウールは査定額を見るサイトというよりも、味方になってくれる業者を選別するサイトとも言えますね。

 

最も高い査定額を提示してくれた業者に売却を依頼すればいい―と安易に考えないでください。

査定額はあくまで参考値であり、その金額で確実に売れるかは正直売り出してみないとわからないからです。

その業者の高い金額で売れるかもしれませんし、逆に売れ残ってしまって他業者の査定額と変わらない着地になるかもしれません。

所有者さんからの売却依頼を取り付けたいがために、あえて高めの査定額を出している業者も中にはいることを覚えておきましょう。

イエウール(…をはじめとする査定サイト全般)を利用する際は、まずは業者の対応や特徴を観察するところから始めます。

イエウール上手な活用法・第1段階~業者の特徴をチェック~

イエウールで査定依頼をかける前に、物件の住所・面積・築年数といったデータを入力していくことになります。

これはできるだけ正確に、詳しい情報を入力してください。

査定方法については机上査定(メールのやり取りだけで簡易的な査定額を出す)」訪問査定(実際に物件を見学して正確な査定額を出す)」から選べますので、まずは「机上査定」を依頼します。

業者の“本気度”をうかがうため、あえて「机上査定」です。

また、しつこい電話営業をブロックしたいという所有者さんは、備考欄に「メールでの連絡を希望」と添えることを忘れないでください。

 

必要事項を入力すると、候補となる業者の名前がリストアップされます。

イエウールでは最大6社に依頼できますが、物件の所在エリアによっては、2社、3社と少ない場合もあります。

ですが、選べる上限までチェックを入れて査定依頼してください。

そして、各社から査定報告が上がってくるのを待ちます。

 

この第1段階で、業者の対応や特徴について、以下の内容をチェックしてください。

◆業者(あるいは営業マン)のレスポンスは早いか?

=通常、机上査定であれば2日~3日で査定結果は出せます。ただし、定休日や時季もありますので、5日以内に査定報告が来ることが望ましいですね。机上査定に10日も2週間もかかるようなら、その業者は売却依頼の候補から外します。

◆査定業者はどんなタイプの会社か?

=査定依頼した業者の名前を控えておいて、今度はネットで会社概要ホームページをチェックします。業歴はどれくらい?どこに事務所がある?代表者のプロフィールは?どんなスタッフがいる?実績は?ブログの内容は?…と色々と調べてみてください。

 

業者ごとに得意分野(土地・中古住宅・マンションなど)は異なります。

また、資金力があって広告がたくさん打てる大手企業をはじめ、地元密着で濃いお客を持っている中小企業などさまざまです。

ネットから情報収集し、所有者さんのフィーリングに合いそうな業者(または営業スタッフ)を覚えておきましょう。

イエウール上手な活用法・第2段階~査定書の中身をチェック~

各社から査定報告が上がってきましたら価格を比較します。

依頼した業者の数が増えるほど、査定額にも違いが出てくると思います。

1社だけ査定額が飛び抜けて高かったときは、その業者は注意が必要です。

上述したように、売却依頼を獲得するために高めの査定額にしている可能性があるからです。

 

査定書で見るべきポイントは、以下の項目です。

◆査定額の根拠に説得力があるか?

◆類似物件の過去の売買事例を、いくつも抜き出して査定されているか?

◆現在、近隣で売り出されている類似物件の価格も参考にしているか?

 

過去事例と現在の市場性を見極めた査定額になっているかを読み取るようにするのです。

例えば…「2年前に同じ築年数の物件が◯◯◯◯万円で売れているので同じ価格で売れます」という理由付けでは弱いです。

「2年前に同じ築年数の物件が◯◯◯◯万円で売れている例と、◇◇◇◇万円で売れている例があります。さらに現在、近所で△△△△万円の物件が売りに出ていますが、半年売れていないようですので、ここは◎◎◎◎万円の設定なら3カ月以内に売却できそうです」といった詳しい分析がほしいところです。

初めて売却する所有者さんにとっては見極めが難しいかもしれませんが、業者が多角的なアプローチで査定額を出したかに注目してみてください。

過去の売買事例をそのまま当てはめただけ、査定額の計算式に当てはめただけ…ではなく、もう一歩踏み込んでいるか確認するのです。

イエウール上手な活用法・第3段階~訪問査定で業者の本気度をチェック~

ここまで来ると、信頼できそうな業者が絞れてくると思います。

この段階になってから「訪問査定」を依頼してもいいくらいです。

訪問査定では、業者が実際に物件内を見てさらに細かく査定しますので、机上査定の金額にプラス・マイナスあるかもしれません。

ただし、査定額=売り出し価格と決まったわけではありませんから、業者と打ち合わせたうえで、最終的な価格を決めるようにしましょう。

 

訪問査定や業者との打ち合わせで確認すべきポイントは、以下の通りです。

◆営業スタッフの業務経験・実績・知識はどの程度か?

◆どんな層をターゲットに、どのような販売戦略を考えているのか?

◆広告媒体はどんなものを使うのか?販売会などの計画はあるか?

◆売り出し価格で売れなかった場合の対応は?値下げする条件はどんなときか?

 

つまり、業者の販売戦略を聞きながら本気度を探るというわけです。

業者のビジョンがしっかりしていて信頼できそうであれば、正式に売却活動の依頼をします。

関連記事:媒介契約とは?わかりやすく種類,期間などを解説!どれが一番いいの?

イエウールのサイト&特典

初めて不動産売却や査定依頼をする所有者さん向けに、イエウールの上手な活用法について、個人的に考えていることを挙げてみました。

査定額が高いか・低いかも大切な要素ですが、やはり、所有者さんの味方となって一生懸命に動いてくれる業者を探せるかが重要だと思います。

イエウールを利用する際の参考になれば何よりです。

イエウール公式サイトはこちら

 

【特典】

なお、当サイトから不動産査定サイトを通じて査定を完了させた方には、下記のメールサポートをさせていただきます。

◆査定業者から上がってきた査定書の診断

◆仲介業者選びのアドバイス

◆売り出し中におけるネット広告の現状調査・報告

◆売買手続きや契約書類に関するご相談

当サイトのトップページ上部「お問い合わせ」からメールを送っていただければ、回数無制限(無料)でメール相談に応じます。

「初めての売却で不安なので、色々な意見を聞きたい」

「この業者の査定額は妥当なの?」

「どの仲介業者に任せようか迷っていて…」

「営業マンに◯◯◯と言われたけど、どう返答すればいい?」

「契約書に書いてある◯◯◯ってどういう意味?」

「わが家はちゃんとネット広告されてるのかしら?」

…など、直接は仲介業者に聞けないような内容を、私にお尋ねください。

“後方支援”の宅地建物取引士として、気づいたことを率直に述べさせていただきます。

 


2018年07月15日 | Posted in 不動産無料査定サイトについて | タグ: Comments Closed 

関連記事