土地,家の売却 相場&価格目安を調べるには?ネットで行う4つの方法!


所有している土地や家を売りに出した場合、今ならいくらで売れるだろう?

相場や目安となる価格を見てから売却するかを判断したい-という方も多いと思います。

そこで今回は「ネットで簡単に土地や家の相場を調べる方法」をテーマに4つの方法を紹介します。

正確な売却価格とは差が出るかもしれませんが、参考値を知りたい場合には良い方法です。

Sponsored Link

土地,家の売却 相場&価格目安を調べる方法①~ポータルサイト~

現在の相場を手っ取り早く知る方法は、自分の土地・建物に近い売買物件のデータを集めることです。

まずは「アットホーム」「スーモ」「ホームズ」といった不動産情報ポータルサイトを検索。

「土地」「中古一戸建」「中古マンション」のジャンルから合うものを選択し、所有不動産があるエリアの物件を絞り込んでいきます。

類似物件をいくつか拾うことができれば、㎡単価や坪単価なども何となくわかると思います。

ただし、参考になる物件が一つもヒットしないこともあり得ます。

また、検索した物件が、実は何カ月も前からネット掲載されたままというケースも。

類似物件を調べるときは1回に限定せず、少し期間を置いて何度も行うことをおすすめします。

もし、参考物件が何カ月も売れていないようでしたら、その価格は相場よりも高い可能性があります。

土地,家の売却 相場&価格目安を調べる②~土地総合情報システム~

国土交通省が提供しているサイト「土地総合情報システム」も役立ちます。

参考サイト:http://www.land.mlit.go.jp/webland/

・全国の地価公示(標準値の価格)

・都道府県地価調査(基準値の価格)

・過去の取引事例(不動産の購入者に行ったアンケート結果)

を見ることができます。

過去の取引事例では、土地だけでなく、宅地、マンション、農地、林地も閲覧可。

売買された物件の価格や面積、築年数や取引時期などがわかるので参考になります。

①の方法よりも数多くのデータが拾えますが、あくまで過去の事例です。

現在の相場に合っているかは、よく確認をするようにしてください。

Sponsored Link

土地,家の売却 相場&価格目安を調べる③~レインズの情報~

「REINS(レインズ)」という言葉を聞いたことはありますか?

レインズとは、国土交通省から指定を受けた「不動産流通機構」が運営しているシステム。

不動産業者がそれぞれに売買物件を登録し、互いに情報を紹介し合える仕組みになっています。

そのレインズの情報を基にした取引事例サイト「レインズ・マーケット・インフォメーション」というものがあります。

参考サイト:http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

こちらのサイトでも、過去に取引されたマンション・一戸建の価格、単価、面積、築年、成約時期などが閲覧可。

ただし、情報が見られないエリアもあります。

土地,家の売却 相場&価格目安を調べる~無料の一括査定サイト~

①~③の方法で、ある程度の参考値はつかめると思います。

とは言え、①~③はあくまで類似物件や周辺の土地価格を調べて比較する方法になります。

所有する土地・建物そのものの価格を知るためには、やはり不動産業者の意見を聞いた方が、より正確な数字がわかります。

無料の一括査定サイトを利用すれば、メールで複数の業者とやり取りできるので便利です。

関連記事:不動産査定サイトのメリットデメリットは?利用前に知っておくとスムーズ!

査定を依頼する際に「参考までに相場を知りたい」「連絡はメールのみ希望」といったメッセージを入力すれば、しつこい電話営業が来ることもありません。

 

以上、ネットで簡単に土地や家の相場を調べる方法について取り上げました。

ほかにも、AI(人工知能)が査定額をはじき出す「HowMa(ハウマ)」というサイトもありますし…

関連記事:AI(人工知能)不動産査定HowMaとは?自己査定額と結果を比較してみると…

または、自分で査定額を計算する方法について別記事で触れていますので、こちらも参考にどうぞ。

関連記事:空き家査定を簡単に自分で行う方法は?土地,マンションの相場&目安もわかる!

 


2018年04月06日 | Posted in 簡易査定を自分で行う方法 | タグ: Comments Closed 

関連記事