空き家バンクのデメリットとは?売却したい所有者目線で考えてみた!


空き家の急増に伴い、全国の自治体で「空き家バンク」の活動が広がりを見せています。

空き家バンクとは、地域の空き家情報を自治体運営のポータルサイトなどで提供する仕組みのこと。

売りたい人と買いたい人、貸したい人と借りたい人をマッチングさせる目的です。

空き家の所有者は無料で物件の登録ができ、買主(借主)を探せるメリットがあります。

行政が関わっている安心感もあると言えます。

一方、所有者にとってデメリットも存在しますので、登録する前にご確認ください。

Sponsored Link

空き家バンクとは?仕組みをおさらい!

空き家を活用し、移住・定住を促進するために各地でスタートした「空き家バンク」。

所有者から情報提供された空き家を、市町村の担当者らが現地確認してからポータルサイトに登録します。

買いたい(借りたい)という希望者は、登録制で空き家情報を閲覧することができ、気に入った物件があればサイトから問い合わせる仕組みです。

最近では「家庭菜園つき」「古民家風」「移住お試し」といったジャンル分けで物件情報を掲載しているサイトもあり、地域ごとに工夫されていて面白いですね。

「市町村名+空き家バンク」というキーワードでネット検索すれば、地元のサイトがヒットすると思います。

一度チェックしてみてください。

 

ほかにも、空き家バンクにはこんな特徴があります。

▼行政は情報提供と連絡調整のみを担当する

▼物件の内見案内・条件交渉・契約締結については、市町村と提携している不動産業者が行う

▼空き家所有者に税金の滞納があると登録してもらえないなどの条件がある

▼登録前の現地確認を行政の担当者と不動産業者が行うこともある

▼建物や設備をリフォームする場合の補助制度を案内してもらえる

Sponsored Link

空き家バンクのデメリット①~早く売りたい人には不向き~

上記を踏まえ、売却を希望する所有者から見た、空き家バンクのデメリットについて考えてみたいと思います。

1つ目は「早く売りたい人には不向き」という点です。

空き家バンクは官民が連携したポータルサイトではありますが、行政は不動産業者ではないため、営業を仕掛けるわけではありません。

あくまで行政は空き家の情報を提供する立場です。

不動産業者が行うような、チラシの配布・見学会開催・顧客へのメールアプローチといった売り込みを行いません。

所有者に対しても営業的な提案はないと思います。

 

サイトを見た人から物件の問い合わせが入れば電話・メールの対応はしてくれますが、行政の仕事はここまで。

空き家バンクの特徴のところで説明した通り、それ以降の物件見学~申込み~契約~引渡しの仕事は、不動産業者が行うことになります。

業者は行政から紹介されます。

最初に空き家を登録する際にも行政に提出する必要書類があったり、問い合わせも行政がワンクッション入ることになるため、手間がかかる部分もあるのです。

早く売りたい方は、空き家バンクより先に不動産業者へ直接相談しましょう。

Sponsored Link

空き家バンクのデメリット②~高く売りたい人には不向き~

デメリットの2つ目は「高い金額で売りたい人には不向き」という点です。

空き家バンクに登録される物件は、郊外や中山間地などニーズが低いエリアの中古住宅が多いです。

空き家を探している人も、価格が安い田舎物件・別荘物件などを求めていることでしょう。

①でも触れたように営業面が弱いこともあり、高い金額で売るのは難しいところです。

「安くてもいいから処分したい」という心持ちがちょうどいいです。

関連記事:ボロ屋,古家を売る3つの方法とは?価格より処分を優先したい所有者は必見!

 

自治体によって内容は異なりますが、空き家の耐震補強や水回りのリフォームに対する補助金を紹介してくれることもあります。

長く放置された空き家ですと、すぐに居住できない状態の物件も少なくないからです。

しかし、補助金を目当てに補修・リフォームしても、その分を売買価格に上乗せできるかは微妙だと思います。

また、補修・リフォーム費用が全額もらえるわけではないので、そこまでの費用をかけるべきなのか?を慎重に考える必要があります。

Sponsored Link

空き家バンクのデメリット③~仲介業者を選べない~

空き家バンク経由で物件の内見希望が入ると、不動産業者の仲介にバトンタッチされることは上述の通りです。

なぜそういった仕組みになっているかと言いますと、あらかじめ自治体が地元の宅地建物取引業協会と提携を結んでいるからです。

つまり、協会の所属会員の中から、該当エリアに合った業者を紹介してくれるというわけです。

売買契約には業者が仲介として入りますから、成約時には仲介手数料を業者に支払うことになる点もご承知おきを。

関連記事:仲介手数料の出し方(計算式)や限度額は?売買の報酬は高すぎる?!

 

不動産業者を紹介してくれるので、自分で探す労力は省けます。

しかし、言い換えれば、行政から勧められた1社の意見だけを聞いて契約することになります。

本当に信頼できる業者(営業担当)なのだろうか?…と不安になる所有者もいらっしゃるかもしれませんね。

複数社からの査定額や提案を聞いてから売り出したいという方には、空き家バンクは不向きと言えそうです。

関連記事:不動産査定サイトの比較&特徴まとめ!結局はどれが一番いいの?

 

ちなみに、不動産業者を通さずに直接の個人間売買をすることも可能です。

ですが、特に中古住宅の直接売買はトラブルが耐えません。

やはり専門家を介在させた方がいいでしょう。

関連記事:空き家売却 不動産会社の選び方は?直接交渉で個人売買する場合との比較

 


2018年03月31日 | Posted in 不動産売却の関連ワード | タグ: Comments Closed 

関連記事