不動産査定サイトのメリットデメリットは?利用前に知っておくとスムーズ!


不動産一括査定サイトのメリットとデメリットについて取り上げます。

わざわざ複数の不動産会社まで足を運ばなくても、ネットで査定依頼をかけられる一括査定サイトは便利です。

「どこに売却相談をしたらいいかわからないから」と、サイトの利用を検討している方もいるでしょう。

関連記事:不動産売却の相談先どうやって探す?当てがない場合の3つの方法

 

査定サイトは、そこに登録した不動産業者と、売却したい人をマッチングさせるツール。

最近では色々な査定サイトが登場し、どれが良いのか迷いそうですが、基本的なシステムは一緒です。

一概に「◯◯の査定サイトがおすすめです!」と言い切ることはできませんが、共通するメリット&デメリットを見ていきたいと思います。

Sponsored Link

不動産一括査定サイトの仕組みについて

不動産一括査定サイトとは、↓こちらの記事で紹介しているサイトのことです。

関連記事:不動産査定サイトの比較&特徴まとめ!結局はどれが一番いいの?

その仕組みや利用手順について説明しますと…

▼サイトの登録画面で、査定してもらいたい物件のデータや連絡先を入力

▼物件のあるエリアを担当する業者がピックアップされるので、希望の業者にチェックを入れて情報を送信(複数社への依頼OK)

▼業者から査定結果が届くのを待つ

▼各社から届いた提案内容を比較し、売却の依頼をする業者を選ぶ(複数社でもOK)

 

不動産所有者が査定サイトを無料で利用できる理由は、業者がサイト運営会社に対して広告料を支払っているからです。

広告料は「査定依頼を◯件受けるごとに◯円」と決まっており、売りたい人を集客したい業者が登録・契約しています。

サイトでピックアップされた業者の会社概要を見ることもでき、査定依頼の前に比較・検討できるのも特徴です。

また、査定依頼を送信する前に「電話ではなくメールでの打ち合わせを希望」というようなメッセージを入力することも可能。

サイトによっては、参考までに査定額を知りたい「机上査定」か、より正確な査定額を知りたい「訪問査定」か、を選べるものもあります。

Sponsored Link

不動産一括査定サイトのメリットについて

あらためて不動産一括査定サイトのメリットについて整理してみます。

①無料で複数社に査定依頼できる

②時間が短縮できる。手間が省ける

③電話やメールのやり取りだけで相場がわかる

④各社から色々な提案が来るので新しい発想が生まれることも

⑤登録業者はサイト運営会社の審査を受けた業者なので優良企業が多い

⑥売却しなくなった場合や、別の業者に依頼することになった場合でも、電話やメールのやり取りだと断りやすい

 

やはりメリットは、オンラインで査定依頼できるスピーディーさと手軽さでしょう。

一括依頼できるのは「最大6社」というサイトが多く、中には賃貸する場合の査定も含めて「最大9社」というサイトも。

1日数十分もあれば査定依頼が完了してしまうのは非常に便利です。

サイトを利用せず、地元の業者を調べて訪問して売却の経緯を話して…という作業を6回行うのは骨が折れますからね。

 

また、各社ごとに査定結果や提案が異なるので参考になります。

「即売るのではなく、賃貸で◯年回してから売却するといいですよ」

「リフォームして価格を◯円アップさせて売り出しましょう。お代は売却後の精算で結構です」

「一般向けに売却するのは難しそうなので買取業者や建売業者を紹介しますよ」

…という具合に、自分の物件に適した新しい方針が発見できるかもしれません。

Sponsored Link

不動産一括査定サイトのデメリットについて

一方で、不動産一括査定サイトの手軽さ・気軽さゆえのデメリットもあります。

①個人情報がサイト運営会社や複数業者に送信されることに抵抗がある人には不向き

②査定依頼しても返信をくれない業者もいる

③色々な査定結果や提案が集まると逆に混乱する

④地域によっては候補の業者が1社しか出てこないことも

⑤売却依頼を取りたいがために、査定額を相場より高く設定する業者がいる

⑥営業の電話が各社から来ることも(事前にしつこい電話お断りのメッセージを入れた方がいい)

 

当然ですが、全国の不動産業者すべてが査定サイトに登録しているわけではありません。

査定サイトの業者よりも、地場の業者を訪問して依頼した方が良い結果になる可能性もゼロではないのです。

また、たまに「査定依頼したのに返事がない」という声もあり、業者(あるいは営業スタッフ)の対応が悪いケースも。

これは、自社の仕事に繋がるのか明確ではないメール査定依頼よりも、目の前の来店客を優先しているからでしょう。

 

注意すべきなのは⑤の業者の価格設定です。

査定サイト経由での依頼となれば、複数社に依頼していることは一目瞭然。

誠実に査定する業者が多いはずですが、中には売却の仕事を取り付けたいために相場より相当高い金額を提示して所有者の気を引こうとする業者も。

ですから、査定結果が届いたら、まずはその内容を確認し、証拠に裏付けられた査定額なのかチェックすることをおすすめします。

安易に一番高い査定額を出してくれた業者を選ぶことは避けましょう。

特に業者間の査定額に300万円を超えるような差が出ていた場合は注意してください。

Sponsored Link

不動産査定サイトのメリットデメリットは?…まとめ

不動産一括査定サイトに合う人と合わない人がいると思いますが、短い時間&少ない労力で複数の専門家から意見を聞ける便利なツールです。

メリット&デメリットを理解したうえで利用してみてください。

どの査定サイトが良いのかは、物件の種類・エリア・依頼者の考え・業者の対応によって変わりますので、ここで1つに絞ることは難しいです。

関連記事:不動産査定サイトの比較&特徴まとめ!結局はどれが一番いいの?

査定サイトごとに登録業者は増減するわけですから、複数の査定サイトを併用するのも手ですね。

売却のために真剣になってくれる業者を探すきっかけにもなるはずです。

 

なお、査定サイト経由で業者とやり取りする前に「相場だけでも知りたい」という方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

関連記事:空き家査定を簡単に自分で行う方法は?土地,マンションの相場&目安もわかる!

関連記事:AI(人工知能)不動産査定HowMaとは?自己査定額と結果を比較してみると…

 


2018年03月14日 | Posted in 不動産無料査定サイトについて | タグ: Comments Closed 

関連記事